た行のバイク関連の用語集。

バイク処分隊 あなたの不要なバイクを全国どこでも無料で処分

1-お客様の不要バイク無料処分 2-面倒な書類廃車名義変更も一括代行 3-日本全国バイク処分・引き取りOK! お電話はこちらから!03-5809-5269


バイク情報館

バイク処分情報館 > た行のバイク用語集

バイク情報・用語集



あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行・英数字


ダートトラックレーサー
1周を1/4マイル、1/2マイルなどのオーバルにした陸上競技場のような周回路(トラック)でレースをする為のマシン。直線よりもコーナーリング距離が長いコースで、コーナーリング中は逆ハンで走行する方が早く走れるので、縦置V型や2気筒のマシンが多い。
耐久レーサー
エンデューロバイクと混同されやすいが、ロードの耐久レース用マシンで、ボルドール24時間耐久を頂点とするレース用マシン。83年までは、1000ccまでの排気量でレースが行われていたが、84年からは750cc以下にレース規則が変わり、耐久レーサーとはいえ、1000cc時代と同じタイムを狙うことからロードレーサー並みの性能を必要とする。24時間レースでは、5000km近く走行するので、エンジン,車体ともに、量産車なみの耐久性が要求され、レーサーとしては大変高度な設計が必要である。その目的の為、耐久性のある4ストロークエンジンが用いられるが、それは2ストロークより燃費の点でも有利で燃料補給回数を少なく出来ることも大きな理由である。
タッチペン
塗装面補修用ケミカル。車もバイクもボディカラーは各メーカーが独自の塗料(顔料)を使用して色を塗っています。傷が付くと自分で塗料を配合するのは難しいのでメーカーや塗料会社が小さな傷補修用に30ml程度の小瓶で販売しているのがタッチペンです。バイクメーカーでも使用頻度が多い色は販売されています。
第1種原動機付自転車
50cc以下のバイクの道路運送車両法による区分の名称。法律の解釈としては、エンジンの付いた自転車という概念だが、実際はバイクとして立派に適用する性能をもち、乗るほうも自転車の延長として安易に乗るべきものではない。最近はあまり聞かないが、いわゆるゼロハンバイクは、すべてこのカテゴリーの中に入る。
第2種原動機付自転車
いわゆる原付2種のことで、51cc以上125cc以下のバイクを指す道路運送車両法上の区分によるバイクのこと。原付1種は二人乗りができないため、かっては50ccをわずかに超えたエンジンを50ccと同じフレームに積んだバイクもあったが、現在は80〜90cc、125ccクラスのバイクがほとんど。2人乗りは可能だが、高速道路の走行は認められていない。都市部での人気は高いが地方ではまだまだ少数ですね。
多気筒
2気筒以上のことですが通常2気筒は『ツイン』と呼ばれる事が多いので3気筒以上の場合によく言われます。『マルチ』『マルチシリンダー』『マルチエンジン』などと言われます。レース用のバイクですと以前ホンダで125cc5気筒エンジンを使用していました、1気筒あたり25ccの精密なエンジンだったようです。
単気筒
エンジン内のピストンが上下運動する筒を『シリンダー』と言いますが、日本語では気筒と言うが、単気筒は文字どうり1基のエンジンに1シリンダーしかないもの。多くは小排気量の50cc〜250ccクラスに多いですがビックスクーターやオフロードタイプのバイクですと600cc単気筒のエンジンを搭載したバイクもありあす。
チッピング
走行中、路面にある砂利等を跳ね上げて、それらが車輌に当たること。他人のバイクの後ろを走っている時に良くありますが、フェンダーレスやスカチューンをしたバイクは特に多いので注意!
着火
混合気が点火火花からエネルギーを受け取り、発熱反応をし始め、混合気自体の反応によって未燃焼混合気へ火炎が伝播する事ができる事を着火と言う。
着火不良
点火プラグで火花が飛んでも自己伝播し得る火炎核が出来ない現象
チャター
比較的高速走行時に前輪が上下に振れる現象。フロントフォークやフレームの特性とタイヤ特性のマッチングが悪い時に発生する。=チャタリング
チャンキング
走行中にタイヤのトレッドの一部がちぎれて飛散すること。ゴムの発熱により生じた損傷で、カーカスから剥離する場合と、外力で引きちぎられる場合とがある。
チャンバー
=部屋。インテークチャンバー,フロートチャンバー、ミキシングチャンバー等、色々な箇所で使われる単語だがバイク用語で『チャンバー』と言えば2サイクルエンジンのエキゾースト(排気)チャンバーを指します。4サイクルエンジンの場合はエキゾーストパイプと言ってただの排気をする為の「通路」ですが2サイクルエンジンの場合は「部屋」として扱い、この部屋の容積、形状を変化させる事により排気脈流をコントロールできます。排気脈流を変えることはシリンダーの充填効率をかえ、エンジンのピークパワー発生回転数をコントロールする事になります。
チョッパー(chopper)
映画『イージーライダー』(ピーター・フォンダ主演)で有名になった言葉だが、自分なりにバイクを改造してしまうのが好きなアメリカ人の手によるもので、フリーフェイや田舎の直線路を快適に走れるようにと、長く傾いたフロントフォーク、思い切り寄りかかれるシート、空に飛び出すような高いハンドル、そしてあくまでもシンプルさを大切にしたスピリットがマシン全体に流れている。エンジンはハーレー主体と思われそうだが、4気筒や、2気筒のトライアンフなどもある。
直列(straight engin)
多気筒のシリンダーを1列に並べたもの。
中型バイク
126cc〜400ccクラスのバイクをいう。
ツインエンジン(twin engine)
2気筒エンジンの事。2気筒の場合は実用車にもスポーツ車輌にも使えハーレーなどのようにキャブレターを1ケで済ませている車輌もあります。70年代以前は2気筒が主流でした。ツインエンジンの排気音の心地よさ、加速時のレスポンスの良さは広く知られています。以前のツインエンジンはバランサー等が無く振動が多く振動を『不快』と毛嫌いする方もいるようですが現在のツインエンジンは各部のバランス&バランサー等の研究の甲斐もあり心地よい振動になっています。私(宮本)などはツインエンジン以外のバイクはたとえ300psあろうが興味が無いかも、、。理想はバーチカルツインでパット見、ヤマハTX650で排気量は2000cc、最高回転数は5000rpm!なら買い!
ツール
分解、組み立て、調整に必要な工具のこと。テスター、計測器、アタッチメントなどは備品。工具箱、バイクリフト、プレス、スチームなどは設備。
疲れ磨耗
ボールベアリングのように、転がり摩擦を受ける接触部分が繰り返し応力を受け、表層が疲れ破壊で磨耗する現象。
定地燃費
平坦な舗装路上を、車輌総重量の状態で、指定された一定速度で実際に走行した燃費率。実際の燃費は走り方やライダーの体重等にも影響されるのでカタログ等の定地燃費の1/3〜1/2と思った方がいい。燃費を上げるのはマメなタイヤの空気圧点検、チェーンのメンテナンス!
ディメンジョン(dimension)
寸法の事だが、特にホイールベース、エンジン位置、ヘッドパイプ位置、シート着座位置など、バイクの走行安定性能を左右する部分の寸法を言う。
ディーゼルエンジン(diesel engine)
燃料にガソリンより低級な軽油を使用します。基本原理は、空気を吸入し約23倍ぐらいに圧縮したところへ軽油をそれより高い圧力で『噴射』します。自然に着火し燃焼する。圧縮比が高いので振動が多く、エンジンの騒音も高いしたがってトラックや一部の乗用車に使用されますがオートバイにはエンジンが低回転型であったり、回転の仕方が遅い等問題が多くあるようです。年々厳しくなる排出ガス規制の影響もあり徐々に少なくなるようです。
デザートバイク(desert bike)
砂漠のラリーをベースに考えられたバイクで、ガソリンスタンドも無いところを走るために、サバイバルバイクとでもいえそうな装備が特徴。大きなガソリンタンクは約40Lぐらいはいります。もちろん水筒や無線機まで備えている。これは、砂漠でのトラブルによる立往生にそなえたものです。転倒時の破損を最小限にするためのガード類、メンテナンス&軽量化に優れたシングルエンジン、砂地でのスタックから脱出しやすいように大排気量エンジンを用いている。
テスター
各種計測器の総称。バイクで使用するのは電圧、電流、導通、抵抗値などの電気テスターが主。他にCO,HC,空燃比、バキュームテスター、ラジエターテスター、コンプレッションテスターなど色々あります。
デトネーション
燃焼室にて混合気がプラグより点火されて、火炎伝播が進むと既燃焼ガスの膨張により、燃焼室隅の未燃焼ガスは断熱圧縮(気体を圧縮すると熱が発生するがその熱を逃がさないように圧縮すること)されるとともに、炎面のふく射熱により加熱される。このため未燃焼ガスの温度は急上昇し、火炎伝播がくる前に自然発火する。未燃焼ガスは一ヵ所で自然発火すると残りも同時に発火状態となり急速異常燃焼(爆発)し、その衝撃波が高速でシリンダー内を往復し激しいガス振動で打音を発する。
テールカウル
シートからテールランプまでのカバー。たんに後ろのカバーと言う意味です。レーサー&レーサーレプリカの場合空気の流れをコントロールする役目もあります。
デュアルパーパスバイク(dual-purpose bike)
オンロードバイクでは悪路を走りにくいし、オフロードバイクでは舗装路で乗り心地が悪い。そこで、オン、オフどちらの路面をも走れるように考えれれたのがデュアルパーパスバイク。タイヤはオンロードタイヤかトレールタイヤを用いる。細身の車体、軽めの重量、疲れにくいシートが一般的。トレールバイク、トライアルバイク、ミリタリーバイクなどがこのカテゴリーにはいる(道路状況の良くなかった日本の60年代以前のバイクは、デュアルパーパスであったとする説もある)本格的デュアルパーパスの始めは、トライアンフ、マウンテンカブ、ホンダCL72などとされている。
電動スクーター
エンジンからの排出ガスが環境破壊の一因としてクローズアップされるようになり、各メーカーとも電気モーターでエンジンの代わりに走行できるように開発されています。直流モーターを大容量の12Vバッテリーで動かし50ccスクーター並みの走行性のは確保出来ているようです。
同調
脈流、振幅を共鳴させる事。バイクの場合多気筒エンジンのキャブレター同調を指すことが多い。多気筒エンジンのバイクは各キャブレタースロットルバルブの誤差により気筒間の吸気圧が異なり、アイドリングやスロー系の調子が悪くなる事があります。この吸気圧誤差をキャブレター同調によってなくす事が出来ます。キャブレター同調は普通に乗っていれば狂う事の無い箇所ですが中古車や高年式のバイクは狂っていることが有ります。
トップブリッジ
前輪を支える2本のサスペンション(フロントフォーク)の上側を固定しているパーツ。パイプハンドル車のハンドルとサスペンションをつなぐ部品でもあります。
飛火不良
点火プラグの電極で火花が飛ばない現象。点火コイルの一時電流を遮断すると、その逆起電流によって二次側に高い電圧を生じる。この二次電圧が点火プラグの放電電圧に達すると火花を発生して電圧降下する。つまり二次側発生電圧が点火プラグの放電電圧より小さい場合には火花が飛ばない。一次側、二次側コイルの断線、ショート、ハイテンションコード接触不良、プラグギャップ不良などが主な原因。
トライアルバイク(trial bike)
トライアル競技用のバイクで、モトクロスと同じオフロードを走るが、セクションと呼ばれる競技場所は岩があったり、土手のように高く傾いたりしている。モトクロスのようなスピードもジャンプもしないので、サスペンションはソフトでストロークも小さい。シートの高さも思いきり低く、ハンドルは広い。エンジンは馬力も少なく、あくまでも扱いやすさが基本のおとなしいバイクである。
トレールモデル(trail model)
トライアルモデルよりはハイスピードに走れるデュアルパーパスバイクで、モトクロスマシンに近い。モトクロスマシンをもう少し使いやすいエンジンに作り替え、サスペンションもソフトにし、それに充分な明るさをもつヘッドライト、保安部品などをつけたもの。ある程度のジャンプも逆ハンも楽しめ、トランスポーターが必要なモトクロスマシンの代わりとして評価されている。
ドラックレーサ(drag racer)
0〜400mの発進加速を競う為のレーサー。ガソリン燃料の他にニトロ、ベンゾールなどが用いられ、10秒間ほどの間に勝負が決まるので、耐久性を無視して最大のパワーを発揮するようにつくられている。


バイク処分の際は、必ず確認事項/同意をご覧ください。

お電話は今すぐこちらからどうぞ!03-5809-5269

お申込・お問合せはこちら

ページトップへ